凪の青い風

凪子の自転車日記

2020BRM215佐原300 ~ブルベde海鮮~

AJ千葉さん主催、千葉県袖ヶ浦海浜公園発の300㎞ブルベ、BRM215千葉300㎞(佐原)を走ってきました。

 

 

袖ヶ浦海浜公園7時スタート。

千葉のど真ん中を抜けて佐原まで行き、利根川サイクリングロードをメインに東に向かって銚子、ドーバーラインを抜け、九十九里の海沿いをずーっと御宿まで南下、そこから房総の内陸部(山!)を横断して袖ケ浦海浜公園に戻る、平坦基調で最初と最後に千葉の山ありコース。

 

輪行でスタートに滑り込むことは可能だけれど、夜中ゴールの300ブルベ、ゴールしてもどこかで仮眠するか帰宅困難者になるか。

悩んで、初の運転自分車載参加ブルベとなった。

 

勢い余って5時台の暗闇の中、公園の駐車場に到着。なんとそのすぐ隣がスタート地点という立地の良さ✨

自転車を車の中に入れたまま受付をすることだって可能な距離😯

 

夜が明けてくると見えてくる南国風景色。

Specialized Dolceで200㎞を超すロングライドは初めて。2016年式入門アルミロードで300㎞も走れるのか?

不安があるものの、今の自分とこのバイクで出来る旅をしようと決めてきた。

自分のペースを守る。無理しない。

 

終盤の夜の山越えがあるコース。ラストPC御宿からどなたかとご一緒スタート出来ることを願いつつも最悪一人で超える事を想定してネックスピーカーを持ってきた。音楽かければ少しは怖さも減るか😨?と思って。

 

週間予報ではずっと雨予報だったのに、当日朝はこの明るい空。テンションも上がる。

気温もこの後17℃近くまで上がる見込み。スタート時が一番寒いとの予報。

 

無事エントリーを済ませ、本日のブルベカードを頂く。

おかげさまでブルベのお知り合いが増え、スタート前に挨拶を交わす楽しみが出来てきた。

続々と参加者が集まってくる状況を楽しむ。

 

前回のブルベ、真岡200で一緒だったせくたむさんが今回も参加。

同じウェーブだったこともあり、なんとなく私が車検を終えるのを待っていただき、一緒にスタート。

彼は速く走ることが出来るのに後ろの私を気遣ってとてもゆっくり進む。

いやゆっくり過ぎてむしろ遅い。遠慮しているのが凄くわかる。前回のブルベやらアリランらーめんライドやらで私が速すぎ!って言って力尽きてるから…。

 少し前走りますね、といって前に出させてもらう。

一緒に走るなら、速度で気を使っていただくより、私のペースについて来て頂こう😉

 

そんな後ろのせくたむさんが、写真を撮ってくれていました♪

朝の空気の中走るの、気持ちいい!

 

 朝もやが少し立ち込めてます。

路面は少しウェット。

 

スタートからPC1までの区間は、そこそこ登ります。アップダウンばかり。

50㎞で500mUP。

周りの看板からこの先トンネルがあるなぁ、Autoのリアライト点けてあるからフロントだけ点ければ大丈夫か、、、と思っていると後ろから「凪子さーーーーん!」との声が。

はい、キュー11でしたね。30㎞地点「バス停大庭入口、トンネルまで行かないで左折」。すっ飛ばさなくて良かったw (というか既に通過してましたが…)

途中の長柄辺り、昨年の鴨川200でも通ったなぁと気づく。あの時はもう暗かった。

その次のキュー17「右側に市原市の「お願い!」の黄色い看板」右折はマゴマゴしたけど何とか曲がることが出来た。

気づけは住宅街。そして50㎞地点のPC1、ローソン千葉土気町店。

アップダウン区間だし、前回ブルベでは脚力体力共に低下を感じていたから計画をゆっくり目に設定していたが、予定22分前に到着。今日は速いな?

 

PC1ではAJ千葉のスタッフさんたちが出迎えてくれた。

前回ブルベでは補給も失敗していたと感じていたから、ここでおにぎり補充。そして小さいオレンジジュース。

長袖を脱いでサドルバックに押し込み、15℃対応グローブを指切りグローブに変えてスタート。下に半袖を着てきていた。

 

この辺りで、せむたく氏に今日のご飯予定を打診。

約束なく一緒に走らせて頂いているが、この先のお昼・夜ご飯での寄り道予定が私にはあった。

ノープランとの回答だったけど。

私はこんな感じで走りたいと伝えて、気持ちが楽になる。

 

PC2までの区間、なかなかの高速走行をした。主にせくたむさんに前を走っていただいていたように思うが、なかなか良いスピードで走らせている他参加者を先頭にトレインが出来てバビュンとしたり。

信号も少ない走りやすい千葉の道。そして平坦。風は弱い。速い(*´ω`)

どんどん抜いていく走りに、「速いねぇ~!」なんて笑いながら。

でもちょっと登りがあると差が開いちゃう。下りで追いつく。(たぶん待っててくれてる)

せくたむさんの前の人を抜くか着くかの選択がおもしろかった。抜くのは良いけど、登り途中はやめてw

この日は参加者も多く、道中見かけるランドヌール(ズ)が多くて嬉しくなった。これぞブルベ。

雨の中スタートした茂木200は…参加者少なすぎて…🙄

 

 

PC1-PC2区間は、昨年の那須600前半平坦区間と同等の速度が出ていたから、なかなか満足な結果。凪子さん完全復活(*´ω`)

こういう記録はiPhone用アプリ「ブルマネ」がしてくれてるので、後で振り返って反省材料としている。

 

速いながらもそこそこ余力を残して佐原に到着。

佐原の小野川付近に広がる小江戸街並み。

柳にまったく緑がなく少し残念。さすが冬…。

この辺りは鰻が有名で、街中に広がる香ばしい鰻蒲焼の香り(*´ω`)

中には行列を作っているうなぎ屋さんもあった。

寄りたい気持ちを抑え、小野川沿いの記念撮影だけして離脱。

写真を撮りながら進む自転車旅が好きなので、こういうところで停まれるブルベをしたいの😊

 

PC2 ローソン佐原北3丁目店ではボトル補給分だけ購入して、少しだけ先のルート上にある道の駅さわらに移動。

せくたむ氏、私の寄り道に付いて来てくれた😊

 

 

フードコートでお昼ご飯を食べようと、物産館を物色。

時間は12時台で丁度お昼時。お弁当も充実してる。

カメラを持ったお友達、Merryさんと合流。

あれにしようかこれにしようか悩む姿を撮られてたw

 

結局、目玉焼きに惹かれて牛丼弁当😋

コシヒカリ(千葉県産)とか、製造者が香取市だとか、やっぱりさすが道の駅!

ブルベ中の道の駅、地のものを座って頂く😉

 

しばし3人でランチ兼談笑タイム。

忙しい中、いつ到着するかよくわからないブルベ走行中の私たちに時間を合わせて会いに来てくれた事に感謝!

 

道の駅さわらを出発すると、しばらくは利根川サイクリングロード右岸を走る。

そこでも先回りをしたMerryさんがカメラを構えて待機していた!!!

 

しかも2か所程で!

向かい風がキツイよぉ~と泣きながらも陽気な私たちを撮ってくれた😆

 

せくたむさんも撮るし…

 

私も撮った😊

 

いや、、長くて。利根川CR🙄 この位しかやることが思いつかないw

単調で、向かい風で、長くて、もうっ😫

eTrexの地図が全く進んでいる気がしない!と思ったらほんとに止まってたとかwww

20㎞程、単調な向かい風CRだった。

利根川CR絶対許すまじ💢

 

一般道に出ると信号の影響もあるのか、続々と参加者に遭遇する。

この辺りで、Twitterでコミュニケーションがあるけれどお会いしたことのないshi-noさんを発見。

愛車でなんとなく予測し、「shi-noさんですかー!?」ってお声かけすると「はーい!」ってお返事が返ってきた😊

 

銚子市街に入ると、道端に魚が干されていたりするのもあるのか、街中に魚の匂いが広がっていた。

空気が漁港! 

海が近いことがよくわかる。

少しだけルートを外れて、銚子大橋が一望できる公園に寄り道。

 

海だー(*´ω`)

川沿いを走って、とうとう海にでた😆

 

銚子の市街地を少し細かく走ってPC3 セブンイレブン銚子犬吠埼店。

銚子電鉄犬吠駅の目の前です。

時刻は15時。

ほんのり頭痛を感じていたので熱中症のような塩分不足を懸念して梅干し購入。

後は疲労感から、しじみの力味噌汁💪

 

…ん?カロリー足りないか?

ふと思いつき180kcal程の栄養ゼリーを買い足して流し込む。

 

このPC3を出発するとすぐに表れるドーバーラインへの直登激坂😨

Garminは勾配13%を表示。

前回ここに来た那須600ではもう体力も残っていなくて押し歩いた苦い思い出。

今回はよろよろと低速ながらも登り切ります…。いや、キツイ。

(せくたむ氏、登りきったところで足ついて待っててくれた…ありがとうございますぅ😭)

そこから先に続く銚子ドーバーラインのアップダウンもなかなか。景色が良いからなんとかなるけど、飯岡辺りの九十九里ビーチラインに入るまではアップダウン区間

九十九里ビーチラインでは海が見えないのだけれど、至る所に「飯岡九十九里自転車道線」との案内があり、今走っている県道30号よりも一本海側に自転車道路がある雰囲気。(でも通行止め標識が多く、現在はあまり通れないのかも)

入れるところで少し入り込んで海を眺める。

 

 時刻は16時45分。

まもなく日没。景色を見れる最後となる覚悟と共に写真を撮る。

海ですね。海を、撮れて良かった。見れて良かった。

 

それにしてもこの九十九里ビーチラインと名前のある県道30号、「海の駅九十九里」の近くの交差点「片貝海岸入口」まで単調な平坦で距離感が崩壊する長さ(35㎞)😫

徐々に消耗するも、休憩したくなるコンビニが、それすらない…

このPC区間の丁度中間付近に位置する「海の駅九十九里」で夕飯休憩予定を入れていたからなんとかそこまで…と思い、進む。疲労が蓄積して脚が怠い。お尻も痛くてダンシング多用。

けれどこの先の工程を考えると海の駅での夜ご飯は早いのではないか?という思いも。

当初の計画よりも進行が早く、海の駅到着は18時頃。

夕飯にはちょっと早い?

 

しかし! 休憩が欲しい~~~

懇願を入れて、片貝海岸入口交差点のコンビニに立ち寄る。

バイクを降りると、もうヘバリまくってる私😨、店内に入っていくこともならず、しばし座り込んで休憩。脚パン、だねwww

ちょっとストレッチ入れつつ、困ったときのアミノバイタルPRO(顆粒)をドーピング。

せくたむさんに心配され、「大丈夫?」と聞かれるも、「まだダメ~~~www」😭

 

このブルベ一番のダメポイントでした。距離丁度200㎞ポイント!

 

見かねたせくたむ氏、大休憩を入れる提案をくれましたよ!😊

この辺りに心当たりのある海鮮処があるから、そこに行こうと。

 

このコンビニで長袖を着込み、グローブを15℃対応に変えてリスタート。

急遽決めた夕飯どころ、二人で探しながらゆっくり進みます。

こういう時は、スマホgoogle mapが優秀だねー。

 

辿り着いた、ほんの少しだけルートを外れた「いさりび食堂」さん!

二階部分がお食事スペース。なんと船の形をしている😳

 

店内は靴を脱いで上がる小上がり。

九十九里らしく、浜焼きができるようにコンロがセットされている。

 

並んだメニューの中から、悩みに悩んで刺身盛り合わせ定食をオーダー。

どーん(*´ω`)!!

光物は左がアジで右側がイワシイワシはこの辺りの特産。

 

見よ、この光り具合😆

 

そして左の小さな貝が「ながらみ」と呼ばれるものだそう。知らなかった。お店の方に教えていただいた😊

お店の窓から海方面に見えるライトアップされた「九十九里ビーチタワー」、これはながらみをモチーフにした塔とのこと😳

本当にこの辺りの名物なんだな、ながらみ。

砂のジャリっと感もなく、コリコリした貝特有の食感を楽しみ味わいました😋

 

美味しいお夕飯をゆっくり座って頂き、凪子さん復活。

2020年にチャレンジしたかった、ブルベ中の海鮮を、クリア!

すっかり真っ暗になったけれど、リスタート。

 

そこから南の九十九里は、これまでと少し違ってお店等がそこそこあった。

白子海岸では夜桜祭りが行われ、チラチラと咲いている桜にライトアップが。

キュー78の大きなT字では、先週訪問した一ノ宮の和菓子屋さん「角八」の大きな看板が! この辺り、近いのか~。

でも今行っても、みかん大福売切れどころか、お店やってないよねーなんて笑いながら通過。

 

心なしアップダウンが増えてきて、PC4 セブンイレブン上総御宿店へ到着。

ご飯からのこの40㎞は、気分が明るかった😉

 

お腹が幸せ状態なので、PCといっても何を買えば良いやら…。それでもここからのラスト60㎞は房総半島を横断する山越え。何か補給しておかなくては、と思って肉まんを頬張りながら、ライトのバッテリー交換を行い山道に備える。

ヘルメットにもVolt400を付けてみたが、重くてヘルメットがずれてしまう不快さが勝ったので数キロで外してしまった。

アミノバイタルPROも補給。

それにしても、寒い。もっと暖かいはずじゃなかったのか?

 

それでも走り出せば登り。すぐに寒さを忘れるも、少し下りが入ると寒い😨

まだ山の中続くのかなぁと思っていると、真っ暗闇に「養老渓谷」の看板発見!

養老渓谷がこの山越えの一番高いところだから、これで登り終わり!?

っと思うも目の前にはすぐに上り坂。下ってこれで終わり!?と思ってもまた登りがくる…😂

「この登りの最後は確かトンネルだったはず…」というせくたむ氏の言葉通り、トンネルを抜けると下りが続き、やっと山を抜けた感。

(ただし、正しいトンネル…ダミートラップあり🙄)

 

ようやく左手にコンビニを発見し、吸い込まれる。セブンイレブン君津小櫃店。

残り20㎞と考えると少し長かった。

あまりの寒さにホッカイロ購入。

インナーグローブとレインウェア兼ウィンドブレーカーを着込む。

(後日調べたところ気温9.4℃、結構ある印象)

 

装備厚くして、あまり上げられない強度でゴールまで走りこむ。

 

無事、17時間台で完走認定を頂くことが出来ました。

 

結局ゴールまで一緒に走ってくれたせくたむ氏。

懸念していた真っ暗な山間部も一緒に超えられて、良かった。

前を走ったのはお互い半々かなという感覚。これが結構嬉しい。

孤独感や不安感なく、おかげさまで楽しい旅になった。

 

辿り着いたゴール受付ではAJ千葉さんの名物!?ロールキャベツが振舞われた。

私、スタート時にこの事を聞いてから、もう楽しみで楽しみで😋

疲れて寒くてボロボロな体に、暖かくて塩っけのあるロールキャベツコンソメスープがとても沁みました😆

そして茹で卵も、塩多めにかけていただきました🙏

 

 

 

1人で車で行って、手賀沼自転車倶楽部ブルベ班の方々とご挨拶することが出来て、途中友達に会って、道の駅さわらのお昼と夜の海鮮でご当地グルメも満喫して、念願の主催者様の振る舞い料理を頂くことが出来て。

佐原と銚子と九十九里と。写真も撮ったし、しっかり旅してきた感覚が残っている。

とても充実した、楽しい300ブルベだった。

自分で納得のいくブルベが出来た。大満足。

あまりに嬉しくて、メダルを飾ってしまいました😊

これからも増えていくと、良いなぁと願いを込めて🙏

秘境系ラーメン「アリランらーめん」を求めて

千葉には3大ラーメンと呼ばれる勝浦タンタンメン竹岡式ラーメンアリランらーめんがあるとのこと。それぞれ外房、内房、山の中に位置する。

その中の一つ山の中秘境系ラーメン「アリランらーめん」を食べに行ったライド記録。

 

アリランらーめん」とは?

なかなかその言葉からはイメージしにくいですが、朝鮮民謡に「アリラン峠」という夢や希望のある架空の峠が出てくるそうで、お店も峠にあることから「アリラン峠」を超えられるスタミナのつくラーメンをと作られたそうです。

 

アリランらーめんは一族の方がお店を展開していて、そのうちの一つ、千葉のど真ん中長南町にある「らーめんハ平(はちべい)」を目的地としました😋

 

 

朝、5時50分に3人で合流、船橋で1人合流の合計4名。

風が強く、船橋の市内を抜ける際にはビル風が怖く集合早々DNFが頭を横切るも、海岸沿いに出ると追い風に。

信号も少なく走りやすい高速区間になった途端、先頭がものすごいスピードになって「なんでやね~~~ん😓」

寒いし、今日は強者揃いだから大丈夫👍 とか言われましたが、息も絶え絶え、ジリジリ開く車間、一度開くとますます開いていくから信号が赤になることを祈る私…😇

 

市原市辰巳通りに入ったところで休憩。

ここから内陸に入ります。

今回の同行者はせくたむさん、noriさん、ささしょーさん。

ここからの山間部はますます遅れてしまいますがよろしくお願いします🙏

 

コンビニを出発すると青空の下に千葉っぽい景色が広がってきます。

 

「勝間」の交差点から「うぐいすライン」に入る。

ブルベでおなじみの交差点😊

 

そしてこの先「うぐいすライン」通行止めの交差点。

これを右折した鴨川200、今回は左折します。

右折しても上り坂だったけど左折しても上り坂😇

2月下旬に開通予定とのこと。直進してもやっぱり上り坂かな…

 

進むと「スカイツリーの見える野見金公園」の看板が見え、その案内通りに右折。

え、もしやこの山って、鴨川200のフォトチェックがあったところ? 一回チェックポイントを通り過ぎてしまって登り返したあの山じゃないの!?と思っていたら見覚えのある景色になってきましたね。

廃温泉施設のアーチをくぐって…

 

「例」のフォトチェック!!!

せっかくなのでパシャリ。

前回と別のバイクで来たね。

 

ちなみに、その前回。

 

展望台まで登ってみると、すごい見晴らしが良い!

外房の海まで見渡せます。(…が、スカイツリーは見えない??w)

 

ちなみに風がとても強く、地面に置いたグローブが転がりだす程だった😨

 

さて、ルートのトラップだったのか絶景を見せるためだったのか、登った野見金公園を反対側にダウンヒルして再び長閑な風景の中を走る。

そろそろラーメン近い?🍜

 

到着しました、秘境感たっぷり「らーめん八平」!!!

↓↓↓お店のホームページです(*‘ω‘ *)

https://ariranramen.com/

 

入っていくとこんな山の中なのに広い駐車場に車がいっぱい。

そして待っている人もいっぱい😯

 

11時30分頃到着、空が青いなぁ~と思いながら自転車に纏わる雑談をしつつ、待つ!待つ!待つ!!!(寒い!良い匂いに空腹が刺激される!)

 

ようやく入れた店内もなかなか趣がありました(*‘ω‘ *)

 

お店到着から2時間程経過してようやく着丼!

アリランチャーシュウ」中です。

ど~~~ん!🍜

 

麺は中太、スープには少しトロミが。

ニンニクたっぷり、玉ねぎの甘みが凄く出てる。そしてニラ入り。

豚チャーシューは厚切り、ホロホロに柔らかく、脂身は甘い。口に入れたらすぐに溶けちゃう感じ。

これはご飯も合いそうなラーメン(*´ω`)

 

実は船橋まで戻るルートも考えられていたけれど、ラーメンを待ちながら帰りの電車を調べちゃってました。

風も強いし、何より待ち時間が案外あったので自走では帰宅が夜遅くなってしまう。

この後のルートで通過予定のJR外房線上総一ノ宮駅から快速始発があって、乗り換えなしで船橋まで行けるではないですか。時刻表を把握し、それを目指す感じに。

 

デザートで寄ったいすみ市の高秀牧場さん。

この看板を曲がって「登り」ます。

…牧場って、どうして高いところにあるんでしょw

事前情報なしで到着すると、なんともオシャレな空間が広がっていました。

 

 

こちら、チーズ工房。

なんとチーズの通販もされているよう!

テレビに出た影響で発送まで数か月かかるとか!なんと大人気牧場さんではないですか✨

あああ、チーズ大好きなんです、オーダーしちゃいたい🥰

↓↓↓チーズ工房ショッピングサイト

https://www.takahide-dairyfarm.com/shopping/

 

ちな、高秀チーズのふるさと納税も発見しちゃいました😆

https://www.furusato-tax.jp/product/detail/12238/4735808

 

隣のミルク工房。

↓↓↓ホームページはこちら。

https://www.takahide-dairyfarm.com/milk/

 

店内では自家製チーズを使ったピザなどのメニューや、自家製牛乳を使用したジェラートの販売がありました。

キャラメルナッツをオーダー♪

外のテラス席でゆっくり頂きます。

なんとそこにはバイクラックと空気入れが!

なんて親切な(*´ω`)

 

 

テラスからはすぐ隣にいる牛さんがとてもよく見えます。モーモー。

 

最後にみんなのバイクを並べて牛さんと記念撮影。

 

今度は、ランチ時にチーズメニューを頂きに来たいなと思いました。

 

 

最後の寄り道、和菓子やさん「角八」。

みかん大福が頂けるとのことで目指してきました(*´ω`)

 

 

 

が、なんとみかん大福完売御礼…。まぁ16時近くじゃぁ無理もないか😓

あまおうを使用したいちご大福、家族用お土産も含めて購入。

 

そこから1㎞も離れていない上総一ノ宮駅で、今回の房総グルメ旅は終了。

輪行で帰宅。

 

行けるところまで自転車で走って、帰りに輪行、なかなか良いですな。

この方法だと房総も行きやすい。

どんどん、千葉を開拓して行きたいと思いました。

3大ラーメンもあと2か所あるし、なんといってもアリランらーめんの本店「八平の食堂」もおすすめされてますし、ビンゴバーガーもピーナッツソフトもまだ未経験、そしてブクマってるお魚料理店もたくさんあるので、もう食を求めて行かねば😆

 

 

以下、ささしょーさんに撮って頂いてた写真。

車通りが少なく、良いルートでした♪

2020BRM126東京200真岡 ~雨と鉄分と下館ラーメン~

2020年1発目のブルベ、ランドヌ東京さんの新コース「真岡200」を走ってきた。

コースは江戸川サイクリングロード上、篠崎のポニーランド公園をスタートし、真岡鉄道真岡駅まで行く峠のない平坦200㎞。

下館からは線路沿いを走り、チェックポイントには下館駅真岡駅での切符購入を含む、道中SLもおか号が拝めるかもしれない鉄道成分多めブルベ。

 

朝6時スタートなので朝の輪行は間に合わない。

自走で行くにも家から25-30㎞ある。

早朝、寒く暗い時間に家を出発しなくてはならない事を考えるとエントリーも悩むが、道中のご当地グルメに「下館ラーメン」があると知って急に前向きに😋

 

私のブルベは昨年9月末の那須600での事故DNF以来。

頸椎捻挫を負い、愛車カーボンロードSpecializedのAmiraを失い😢

エントリーモデルのアルミロードSpecialized DolceのコンポをSORAからULTEGRAに乗せ換えて参戦することになる。

身体も不安ならバイクも不安。

でもこのコースなら途中DNFからの輪行帰宅しやすい。

ラーメン付き平坦200鉄ヲタ風味、エントリー決定😉

 

ルートはこんな感じ。

結論から言うと、完走しました✨

 

週間天気予報が出た時からこの日には雪予報があった。降水確率も80%とかなり高い。

準備が捗らなかったけれど、前々日辺りから予報が好転。

当日朝確認した降水確率は20%程度。

万一に備えてレインウエアの上だけウィンドブレーカーの代わりに持っていくことにする。

 

朝4時、自宅スタート。

ハンドル回り、左からスマホeTrex 30x、Garmin Edge 820j。

アイロンを使ってラミネートしたキューシートをくっ付けた。

 

スタート地点のポニーに向かって半分程来たところで雨がポツポツ☔

レインウェアを着込む。

降水確率20%???と思いつつ前進していると本降りになってきた。

フードも被ることにするか🙄

進むか後退するか考えるも、朝早く準備して出発したし、こんなところで帰ったら消化不良も良いところだし、それにもう濡れたし、受付まで行くかー。

何よりもの強みが、自宅近くを通過するルート。スタートして、自宅まで帰ってくるDNFブルベでも仕方ないかもしれない。

 

そんな思いでスタート地点まで突き進んだら、着いた時にはびしょ濡れですよ。

そして暗い中での雨中走行、時間かかりすぎでブリーフィング間に合わず😂 

ごめんなさい~~。

 

でも受付!

 

ランドヌ東京さん、走らせて頂くの初めてなのですが、ブルベカードが一回り大きいのですね!?😯

いつものカードケース(防水スマホケース)にぎゅうぎゅうとなんとか押し込む。

少ない明りでカードの写真を撮ろうと四苦八苦してたら、スタッフさんがランタン向けて下さった。優しい///

 

 

びしょびしょ~~。

でもハンドルカバーは優秀でした。防水! 指ぬきグローブでも寒くない!

スタート前にはブルベ仲間が複数名、声かけてくれた。

私がテンパってロクに周りが見えていない(そして暗い)のに、声をかけてくださる優しさ。

「凪子さ~ん」との声でどなたか識別。お顔は暗くて良く見えない。

ブルベ出走しているとお知り合いが増えていって、それもブルベの魅力の一つ。

出走するの?と聞かれましたが、そのために来ました!と返答~。

 

でもほんと、そんな質問が出てもおかしくない雨。そして気温! さむ~~~w

ろひも氏はここまで来たもののDNSを決心していた。

車でここまで濡れずに来たならそれも懸命な選択だと思う。

私はほら、家に帰るにも同じ方向雨の中だから!

 

私が信じていた降水確率20%はどうやら自宅付近と目的地真岡付近であって、スタート地点の予報はまた違ったそうな。ちょっとこの距離で天気が変わると思っておらず失敗。

持ってきた雨具はレインウェア上のみ。

手はハンドルカバーが防水仕様で守ってくれます。

下半身、靴はもう濡れております…そして内部浸水。DexShellの防水靴下せっかく買ったのだから履いてくれば良かったと後悔。

甘すぎる!!!

 

ろひもさんが、お見送り写真を撮ってくださいました。

この先ご一緒するせくたむさん、noriさん、そして写ってないけどいしたくさん。

 

目的地をとりあえず自宅にセットしていたものの、実際自宅近くを通過するときには雨は小降りになっており、もうすぐ止みそう。

身体は濡れていたけれど不思議とDNFする気持ちにはならなかった。

4人トレインで走っていたし、心強いのもあったかな😊

 

その後、35㎞地点程か、茨城県に入って小貝川の橋を超えると雨が止んだ。

以前もこの橋を渡った時に天気が変わったことがある。降られたほうだけど。川は天気の分かれ目。

40㎞地点、板橋不動尊手前のコンビニでセルフ休憩。

レインウェアを脱いで、濡れた指ぬきグローブを外して予備に持ってきていた秋用フルフィンガーに代える。ハンドルカバーが防水とはいえ、受付付近で濡れたものを触った、カバーから手を出した等でぐっしょり濡れてしまっていた。グローブ濡れるとさすがにハンドルカバーでも指先が冷たく痛くなってしまう😢

ここでの補給は暖かい肉まん♪

 

そしてリスタート、路面もほぼドライとなり、つくば市にあるPC1へイン。

21㎞/hで見積もったこの区間、実績が17.7㎞となり計画より25分遅れ!

雨で速度出なかったし、途中休憩入れたしで仕方ないか。

これでも計画は制限時間の60分前ゴール予定だからなんとかなるか…?

それにしてもそろそろウィークポイントの首肩周りがガチガチだ。ストレッチストレッチ。

 

板橋不動尊の辺りから、こんな道よく見つけたなーと思う、車は滅多に通らなそうな道が増えた。自分の自転車行動範囲内なのに知らなかった道を知るのは楽しい♪

 

 

いしたくさん、noriさんはとても巡航速度が速くPC1を過ぎてからは背中も見えなくなり…さようなら~…。

せくたむさんが、なんとか見える位置を走ってくださってた。

 

筑波山が見えるとテンション上がる。

雲を纏い、神秘的。

 

冬の畑の中に伸びる電柱にも美しさを感じたり。

(なんとか見える位置のせくたむさん↓)

 

次のチェックポイント、下館駅の手前でいしたくさん、noriさんが停まっていた。トラブルかと思ったけど、ん?私を待ってた??? 合流後すぐに4人で出発。

 

 

下館駅関東鉄道常総線の終点。JR水戸線との接続点。そして真岡鉄道にも繋がる駅。

ここで切符を購入。チェックとなる。

ここまでの区間、計画21㎞/hのところ20㎞/hしか出ておらず、計画比遅れは29分に広がっていた。これは遅い。私、遅い。22位行くかと思っていた。

そして、疲労が凄い。距離85㎞の疲労度じゃない…。

セルフ目的地である下館ラーメンはこの付近。往路で寄るか復路で寄るか話されていたけれど私は復路の予定で来ている。

一刻も早くここを出発してなんとかラーメンを実現させたい!

先ほど待ってて頂いた感があるものの、だからこそ余計行程を早めなければとの思いがあって先に出発させてもらう。

 

程なくして、せくたむ&さん&いしたくさんに抜かれる。来るの早っ。

前牽きますよ!っていしたくさんが追い抜きざまに言った気がするけど、そのまま走って行っちゃったよね🙄

 

下館からは線路沿いを真岡に向かう。

途中、踏切の音がしたので線路が見えるところで停止、カメラを構える…も、

来たのは普通の電車…SLじゃない…(;^ω^)

 

でもなんだか可愛い一両編成。

 

この後noriさんが追い付いて、これまた少し牽きますよ!とのお声かけ。

今度は乗せてもらうも、かなりきつい速度。

これを頑張ってしまったのが私の敗因。

真岡駅に着くころには無理が祟りバイクから降りるのもシンドイ脚パン状態😫

 

 

SLの形をした駅舎やSL展示をゆっくり楽しむ余裕もなく、駅舎内ベンチに座り込む。

口から魂が漏れ出ていたと思う。

目が死んでたとか、もうダメかと思ったと、後から同行者に言われた。

ジンジンする大腿四頭筋をすりすりマッサージ。

 

 

 

それでもここで切符2枚目が揃った。

両方真岡鉄道の切符にしたのに、感じが違う。

(今思うと、小児料金の切符でも良かったのではないか…?w なお可とされていた入場券は知能指数下がってた事もあり買い方がわからなかったwww)

 

ここ駅だし、改札くぐったら電車で帰れるし…と脳裏に浮かばなかった訳はない。

エントリー時にはここでのDNFも考えて良いんじゃないかと思っていたけれど、この時はとりあえず下館ラーメンまで行こうと思った。

私の今日の目的地!

 

持参したアミノバイタルの赤ゼリー、「パーフェクトエネルギー」をドーピング。

ラーメンのお店に行くから先に行っててくれと他の方々に伝え、同時に駅を出発するも一人マイペースで向かう。

真岡駅までの速度はきっと速かったんだけれどダメダメ状態でブルナビにおいてCPにインした時刻が自動入力されていないことに気づけなかった。

休憩時間予定25分だったものを含め、スタート時には後れを取り戻して7分先行になった。

マジック😳

 

真岡駅は折り返し地点なので、そこに向かう途中、少し参加者さんとスライドした。手を挙げて挨拶しあったりとなんか嬉しい感じ。中にはベルを鳴らしてくださる方も😆 思い出すランドネきたかんの興奮!

私が折り返して帰るときは、、、何人かすれ違ったかな(・ω・)??位。

それでも積極的に手を挙げてエールを送りますよ!

 

そして辿り着いたぜ下館ラーメンを提供して下さるお店の一つ、永盛食堂さん!

往路でもお店の前を通り、のれんを見て涎を垂らしていた。復路でもほぼルート上。

戻ってきましたよ~~!

ここまでの道間違ってロスした分も含め(←)、15㎞/hというノロノロで15㎞程走って来ました😂

 

 

 

レトロなお店構え。

下館ラーメンは昔ながらの中華そば。

濃口醤油のスープに鶏チャーシューがトッピングされているのが特徴だとか。

 

 

迷いに迷って、ほかの方々が何をオーダーしているのか聞き込みまでして、ワンタンメンをオーダー😆

税込700円!

お店の方がそんな優柔不断で賑やかな後から合流した私にもとても親切で。

店内よく温められていて冷えた体が喜んでいるところ、私の心もほっこり🥰

 

 

ラーメン到着ですよ!

他の3人のラーメンも同時着だったんだけど、もしかして待っててくれた…?

先に行っててくださいとは言ったけど先に食べててくださいって言わなきゃダメだったかな…ごめんなさい😓

 

ワンタンがツルツルで、振りかかった胡椒のピリッと感ととてもマッチ。

麺はしっかりめに感じた。ペロっと頂きご馳走様でした😋

 

ここもまたまた先に出発させてもらいます。この先ゴールかPC2かで会えたら会いましょう~と。5分で追いつかれちゃうと思うけどね~って言いながら先に支度を済ませてスタート。

あれ、そういえば下館駅DNFのことは考えなかったや。

アミノバイタルとラーメンに助けられたかな😊

 

車もほとんど通らない道を走れば、青空が見えだしていることに気付く。

日が差すと暖かくなってきた。気がする。

 

 

想定5分よりも暫く経ってから、追いつかれた。行ってらっしゃいと赤信号で先を譲る。

いしたくさん、初ブルベとのことなのに絶好調に見える。

 

途中、下妻駅前を通過。

下館から常総線上り方面で大きめの駅。

今日は鉄ヲタブルベだったなと思って少し寄り道。

 

 

 

リプでマイペース大事!と頂いて、なんかウルっときたわ。

大丈夫、1人でも走れる‼︎ って言葉も響いた。

やっぱりどこか耐えていたのかな。これが私には正しいと思いつつも、ついていけなかった悔しさ。溢れてる。

うん、1人でも走れるだよ、私。走ってきたじゃない、那須600や鴨川200。

自分を鼓舞する脳内になる。

 

教えてもらって後から知ったことだけれど、下妻駅のあるこの区間常総線サイクルトレインをやっている模様。

水海道~大田郷間(下館の一個手前)、時間は9:30~14:30、自転車丸ごと乗せられるみたい。

https://kantetsu.co.jp/train/cycle.html

関東鉄道HPの宣伝写真がママチャリなのが、なんかほっこりだ😃

 

 

程なくしてPC2の石下に到着。

そこでは3人が補給中だった。

終わったら先に出て良いですよと伝え、買い物。

ここではデザート🥰

プリンは補給に良いぞ~~~♪

 

んでも、寒い。。。

なんで私、外で冷たいものを寒いと思いながら食べてるんだろうかと思ったり🙄

結局出発は4人同時になりましたね。

でも最後尾から出発して「いってらっしゃい」。

 

背中を見送ったんだけれど、PCから20㎞程走った「常総ふれあい道路」上の信号で追いつく。途中休憩とかしたのかな?

でも路上再会は嬉しいね。

 

自宅付近を再度通る時、家に吸い込まれてしまいそうだった。

家の前を通過して、でもまたゴール後にそこに帰ってこなくてはならないって、ルートに勝手知ったる安心感はあるけれど結構シンドイですよw

 

PC2以降は結構元気を取り戻していたのでみんなと一緒に走れてゴール!

ゴールコンビニにも、ゴール受付にも、ブルベ参加者は自分たち以外には居ませんでしたw

なんてこった…となりつつ、瑞江コミュニティ会館へ入ってゴール受付。

 

 

無事認定😆

新しくなった完走メダルをゲット~~~!!!

正直、メダルが欲しくて走ったのでゴール時に頂けるの嬉しい嬉しい。

呪われたのように後送ばかりのこれまでだったので、当日頂ける喜び一段と高い。

 

なんで雨の中スタートしたの?

ブルベは初めて?

風は強くなかった?

SLに会えた?

 

スタッフさんとのお話、独占で楽しませていただきました。

エントリー80名、出走30名。これでも見込みより出走者多かったそうです。

どうりで道中あまり参加者さんに会わないわけだぁ。

あと3人のゴール待ちとの事でしたが、休憩してる間に皆到着‪*\(^o^)/*‬

 

一緒に?走った4人は家の方向が同じ。

家に帰るまでの道のりも殆どご一緒していただけました。

帰路の道中、お肉でお疲れ様会! 

遅いくせに頭は能天気感で大変恐縮ですが、ランチタイム終了時にここでこんなお疲れ様会があったらいいなぁと話させていただいていたことが実現した😆

 

 

うあー、写真見返しても涎が出るー🤤

 

 

最後に。

雨に濡れてお疲れ様なキューシート。

ラミネートしたはずなのに浸水とか、なんでやねん😂

…アイロン下手だったなw

 

 

明けましてガマ様 〜筑波山〜

年明けて2020年になりました‼︎

このブログをはじめて1年経過。ライド毎の更新だから月3回位の更新だけど、でも実は自分的には長く続いてる感じなのです(笑) 書き続ける力を訪問していただいてる方々から頂いてると、ほんとに感じてます🙏 読んで頂いたらなにか有益な情報があるのか(いやなにもないだろう)、、🤔と自問自答する事もよくあるのですが、 自転車乗って、その記録を残して、さらに見ていただける。これは実はとても私自身が自転車乗るモチベーションにも繋がっているので、2020年もどうぞお付き合い頂けると嬉しい限りでございます🙇‍♀️ (お役に立てるような何かを書けるといいのですが…努力💪)

2019年は事故に遭い、自転車乗れない期間が続く悲しい終わり方をしてしまったけれど、2020年は無事に走り切れると良いなぁ☺️

そんな思いのある年明け1発目のライドは、私のホームと言い張りたい筑波山

自転車で登れる一番てっぺんのつつじヶ丘にいらっしゃるガマ様に逢いに行くライドとしました。

実は昨年1月にも筑波山登ってました‪(^o^)/

nagiko-specia.hatenablog.com

1月3日、自転車乗りが多く集まる不動峠ふもとの平沢駐車場まで車でワープ🚗 晴天の中、久しぶりの不動峠ヒルクライム。 不動を登り切った後の、この景色が好き‼︎

そして表筑波スカイラインも風返峠に近付いた辺りのこの景色もテンション上がる😆

そう、この日は旦那氏とのライド。走ってる姿を写真に収めます😌

風返からつつじヶ丘までの区間は少し頑張ってゴール💪

ガマ様、明けましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いします🙏

お気に入りのスポットで透明自転車スタンド(めだたんぼー)を使ってゆっくり撮影。 よく見ると黒子の腕も写ってます🤣

ここで少しサドル高調整。やっぱちょっと低い。 この白いロード、まだポジション固まってない感…。

つつじヶ丘でガマ様拝んだら、さてお次はお昼ご飯目指して表筑波を下ります。 筑波山神社鳥居⛩から下は登りは完全ストップ渋滞、下りも交通量多く走りにくい年始環境。途中で止まって車を先行させたりします。 なんか落下音したなー?と思ってそれも 止まってみるも、なにも落としてない…?

筑波山駅からりんりんロードに出て北上。 目指すは、四川厨房ふうさん♫

http://sichuankitchenfuu.a.la9.jp/menyu.htm

年始で混み合う店内でしたが、タイミング良く入れていただける事に😊 いつもありがとうございます🙏 凪子さん〜って呼んで歓迎して頂ける幸せったら。

奥の円卓のある御座敷からも綺麗な筑波山が臨めた。あそこから降りてきたんだなぁ。

私は兼ねてより気になっていた「秀麗豚ロース排骨麺(パイコー麺)」にした♪

お箸袋も素敵! パイコー。これが私好みのスパイス加減に香ばしく揚げてあり、とっても美味✨ カリッと噛んで、そしてジュワ〜ですよ…🤤 お肉の甘みもほんのり感じる🤤 いやー、ランチメニューやってる日は杏仁豆腐も欲しくてランチセットをオーダーしたくなっちゃうけど、日祝日のグランドメニューにも食べたいものがたくさん。 まだまだお邪魔させていただきますよ😊

お腹いっぱいになって、さぁ午後も筑波山。 山の反対側、石岡市のほうに出たい。湯袋峠に工事中通行止めの話があるけれど、通れるといいなぁと期待を持ちながら行くと、ギリギリ通れました。

湯袋峠入り口の看板です。 ここが通れないと斜度がキツい上曽峠へ回らなくてはならなかったのでセーフ😃 3月いっぱいは通行止めとのことですので、皆様ご注意を。 また、湯袋峠の先、石岡へ下っている途中、工事中のために未舗装路となっている区間があったためこれも注意⚠  ダウンヒルで突っ込むとかなり危険。

湯袋を抜けた我々が向かうは、朝日峠! ここは台風影響で通行止めとなっていた期間があり、実はこれまで一度も足を踏み入れたことがなかった。 このライドの楽しみの一つ、朝日峠初挑戦。 Stravaによると3.1㎞、8.3%の峠。果たして登れるのか…🙄

朝日峠、中央線はあるものの、その上にカマボコが作られていて走り屋対策が施されていた。 けど交通量は少ないものの、たまに来る車はほぼ全てが峠の走りを楽しんでいる方々! 同じ車がなんどもやってきたりしますw せっかく静かな峠なのに…。走り屋さん仕様なのね。 まぁ1月3日というお日柄もあったのかもしれない。

峠スペックは、10%! 10%! そしてまた10%! なんなら13%!!! たまになだらかなところがあるから10%越えもしばしばやってくる、斜度キツメに感じる峠でございました…😑

後に調べたところ、キツイからと回避したい上曽峠のスペックは3.1㎞、8.4%。…そうか、数字的に朝日峠も変わらないのか… そりゃきついわorz

朝日峠に到着してから不動峠上までの表筑波スカイライン、長くて結構大変だった…舐めててごめんなさいm(__)m この間、なんども「もうすぐ不動峠!」という声を旦那氏にかけるという「もうすぐ詐欺」を頻発していたことをここにそっと告白します😂 (いや私もよくルート覚えてなかったんだってば)

でもなんとか暗くなる前に平沢遺跡に帰ってくることができました。

夕暮れ時に透明スタンド「めだたんぼー」を使って愛車撮影。 んーー、絵になるっ🥰

久々にお山を満喫したライドとなりました。 速くは登れないけれど、お山はやっぱり好き😘

そうそう、余談ですが。 このライドで携帯ポンプの頭が吹っ飛んでしまったみたい… なんと残念な…

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

お台場ガンダムとまぐろ丼

2019年も終わりの差し迫った12月29日の日曜日。 弱虫ペダルの影響で自転車に乗り出した友2人と共に都内は豊海にある「マグロ卸のマグロ丼の店」に行ってきた。

家も遠い3人。待ち合わせはざっくりと荒川。 武蔵野線西浦和駅まで輪行で来る人 自走で新荒川大橋に出る人。 私は、どうしようか悩んだけど自走で千住新橋を目指す事にした。

天気は快晴。ほぼ約束の時間に千住大橋に到着。 2人はまだ合流してない様子なので、荒川を少し上流に向かう事に。二人の待ち合わせ場所である新荒川大橋まで行けるかな⁈ と淡く期待もしたけど、少し間に合わず。岩渕水門が見えるなぁ〜という辺りで無事合流。

台風の時、あの水門が閉まって隅田川守ったんだよね〜とか話しながら、撮影。

2人とも年度が違えどCORRATEC DOLOMITI(コラテック・ドロミテ)なんです♪ お揃い、良いなぁ。

スカイツリー

前も3人で写真撮ったポイントで再び。

のんびりポタポタ進みました☺️

新砂手前で、さてここから一般道。頑張ろう!

こんなルートでした。

出来るだけ都心に近づかず、混雑少な目なほうへ。 しかし有明の東京ビックサイトは冬コミの真っ最中‼︎ コスプレイヤーさんをチラチラ横目に通過。 してからの、ビックサイトをバックに写真撮りたくなるのが私達オタク😌

最近ゲットした秘密兵器「めだたんぼー」を使って撮ってみる。

凄いっ✨ マジックみたいだわ。

りょうちん(Twitter:@r_y_o_o_o_o)さんが手作りで一本一本作ってくれてます! 自転車立てかけるポールとか壁を基準に構図を考える必要がないので、愛車撮影の自由度があがります。

自転車用携帯フォトスタンド「めだたんぼー」 | 青奴工房 ryochinn.booth.pm/items/1719048

一通り撮影大会が済むと3人ともお腹が空いてきたのでお昼ご飯を目指す。

「マグロ卸のマグロ丼の店」(Twitter @magurotoyomi) 年末なので営業をしっかり確認してから来てます。

何にしようかメニュー写真を前にして相当悩んだけど、2種のマグロが乗った「まかない丼②」にした。 来店は2回目。前回は赤みのマグロのおいしさにすっごく感動した覚えがあるので、赤み多め。

着丼~~~!🥰

目の前に広がる海を眺めながら頂けるのです。

サイクルラックも置いてくださっているので、自転車で行きやすいのもありがたい。

お腹が膨れたら、さっき来るときに見かけたレインボーブリッジで盛り上がる。

空が青いと、写真撮影も捗るやね😊 (フラグ…)

お台場ガンダムが見たくて何とか近づく。 この上にガンダムがいるはずなんだけど…登る?としばし悩んだ後にやっぱり行こうと階段を担ぎ上げてようやくご対面。

凛々しいお姿で立っていらっしゃる。こんにちは、ユニコーンさん。

この後、新木場から輪行で帰るという友を見送り。 初輪行ですって!  見守りつつ、口を出しつつ(←)、横型の袋に詰め込みます。 湾岸エリアは橋がたくさんあって、何気にアップダウンが激しいんだな…。お疲れ様です。 自分で「ここで離脱する」って判断するそのしっかりしたところが好きです。 一緒に電車に乗って、地元駅の輪行解除まで付き合いたいところだけれど、ごめん🙏

そこでもう一人の友、これから日没になる時間帯、一人で秋ヶ瀬まで行くには不安があるというので、江戸川に行って三郷駅から輪行することを提案してみる。少し遠回りだけど…私の帰る方向😁

平井大橋で荒川を抜けて一般道K315。江戸川の市川橋までは何とか日没前に辿り着いた。 この区間で彼女の口から「うお~~、走ってる!!!」との喜びの声が出てきたので、サクっとブルベに勧誘。 道路標識見て現在地把握して楽しんでたり、 走行距離70㎞程に達するときなのに初めての道走行でワクワクしてるっぽいし、彼女のバックグラウンド考えると楽しめるかなって。

どんどん暗くなっていく江戸川。自分のいる場所も距離感もなくなり…遠くても電車の陸橋が見えると、あれがゴールかなぁ?という嘘をつきw (悪気はないんだ…)

三郷に着いた時には、もう真っ暗! いつもにぎわっている三郷風のひろばも貸切状態www

タイムスケジュール、読み間違えまくりまして大変失礼しました…。 マネジメントとは🙄 でもこうして3人で走れたこと、とても幸せな時でしたわ🥰

またよろしくお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

チームカプレーゼ グルメライド ~四川厨房ふう~

茨城県筑波山の麓にあり、ブルベを走られるご夫婦がやっておられる本格四川料理のお店、ふう。 2019年12月25日、そこにロード乗り出して間もない頃からのお友達、未架さんと行ってきた。

ルートはこんな感じ。

ここの麻婆豆腐と水餃子が食べたくて食べたくて食べたくて、自転車で再訪問する事を目標にしてきている所があった。 でも1人で行くにはちょっと距離あって躊躇していたところ予定してた日に未架さんがライド仲間を募集してたので挙手‼︎ そして行きたいライドに呼びつけたっ😆

当日は我孫子駅で待ち合わせ。 少しだけ国道6号を走行して茨城県へ。平日は大型車も多くて大変…。 茨城県に入ってからは国道6号の1本東側を通って土浦まで。 土浦入った辺りのコンビニで休憩。

多分疲れてきていたのでしょう、購入物がまるでブルベ😳

この辺りでこのまま予定ルート通り筑波山北側に回って湯袋峠超えすると、ふうの営業時間に間に合わない可能性が⁈ ブログが3ヶ月ぶりならブランクも3ヶ月、少しずつ慣らし運転していたとは言えパワーも体力も…(略)

湯袋峠とふう、どっちかしか取れないとなったら2人とも一致でふう‼︎ 予定ルートを土浦駅からのりんりんロードに急遽変更。 グルメ大切😌

ここまで私に前を走らせてくれ、スピード合わせてくれていた未架さん、時間ヤバい場面となると牽くよ!と言って出てくれる。

頑張って付いていくも、でもね、りんりんロードに入ってからは…、この道、私、超ヤル気なくなるんですよね…雰囲気まったりしすぎて…それなのに気のせいかそこそこの向かい風で_:(´ཀ`」 ∠):

速すぎ〜って、漏れてましたね… そして小田城で休憩の進言。何卒休ませてください🙇‍♀️

ここで休憩したの、何気に初めてだよ😇 楽しく撮影。

リスタート直後に寒いという未架氏、強度の出せない私。 仕方なく彼女、インナーにして神がかったハイケイデンスくるくる回しで自己体温上げてくれました🤣 ケイデンス、あと30上げろ‼︎ って言っても既にアゲアゲだったので上げてくれなかったけどね(笑)

そんなこんな頑張って時間に間に合って到着したふうさん✨ 暖かく迎え入れて頂いた。 いやぁほんとにお迎えしてくれる姿勢もお店の中もあったかい(о´∀`о)

お店のHPです。 http://sichuankitchenfuu.a.la9.jp

そして念願の麻婆豆腐着弾✨ 八溝山系天然水と国産大豆・天然にがりのみを使用した奥久慈豆富(*´ω`)

絶妙な香辛料使い、そして復路もお腹安心の辛さ具合✨ おいしー〜ぃ(//∇//)\

未架しゃんはエビチリ。すんごく嬉しい事に海老ちゃん一個くれて、麻婆豆腐とシェア。

そしてやっぱり水餃子もシェア‼︎ 色んな味が楽しめて、これも女子ライドの醍醐味⁈とか思ってしまった😆

おっとそして未架しゃん、カプレーゼジャージ(半袖)着てるじゃないですか⁈ 私も今日下ろしましたよ、新品カプレーゼジャージ‼︎

お揃い嬉しい💕 カプレーゼって何かって? 始まりは自転車レースのGSRカップ。未架さん、でんこさん、そして私の3人で参加する時に考えたチーム名。

お陰様で2位で表彰台に立たせて頂いた素敵な思い出😌

これが始まりで、クロスコーヒーさん開催のライドイベントに参加する時もこのチーム名使ったりして。 そしてとうとう有志でお揃いジャージ作って着ようという話にまで発展😆 お揃いジャージ来て走っている姿に憧れてるんやぁ! 未架しゃんのデザイン発想力とかめりゃり!ブログで有名なきっかさんの協力を得て素敵なお揃いジャージを作る事が出来たんです✨

可愛い😍

暖かくなったら、このジャージ持ってる仲間とライドして集合写真撮りたい所存。

ふうさんで美味しい食事を楽しみ、  お店のブルベカード、メダル、ベスト等の展示を楽しみ、 お会計しながらご夫婦とブルベトークさせて頂いて楽しみ、 幸せいっぱいのランチタイム♪

終えたら、お腹いっぱいだけれども帰らなきゃ、、 「家が来い‼︎」と、思わずツイート😅 小貝川サイクリングロードに出て守谷経由。守谷のコンビニでまた少し休憩。 イートインでホットコーヒー飲み、未架しゃんの優しい心意気でチョコのお裾分け貰い☺️ 女子トーク⁈ に花を咲かせてからスタート地点だっだ我孫子駅に帰着で無事終了。

事故って以降ようやく100㎞ライド達成。翌日は首肩固まっての頭痛出たりしたけども自転車再開できた感ある節目達成。 お付き合いいただきました未架さん、本当にありがとうございました!

BRM928 那須600 ~600という距離への初挑戦~

2019年のランドネきたかん400(西)を完走後、何度も言われた言葉。

次は600だね!

600より400のほうがキツイよ!

400完走出来たなら600も完走できる!

 

600とはどういう世界なのか気になりつつも、私生活の都合上40時間も自転車に割けないから今はまだ無理だな~と諦めていた。が、あれよあれよと生活環境が変わり、あれ、もしかして走ってみれるのでは??というかこのタイミングを逃したらまた出走できないのではないかというかむしろ好機!?

 

いやいや、600のほうが楽な訳ないでしょ~~w 200㎞も多く走るのが楽な訳ない。

その辺りを味わってもみたく、初めての600㎞への挑戦を行うことにした。

BRM928、AJたまがわさん主催の那須600(時計回り)。

船橋スタート、つくば、笠間、那須那須岳展望台(恋人の聖地 )、白河、いわき、日立、鹿嶋、銚子、九十九里船橋

 

結果から言うと

500㎞地点で無念のDNF。

f:id:nagiko_specia:20191006103722j:image

 

 

計画はこれまで以上に念入りに。

スマホアプリのブルマネを使い、途中に休憩ポイント等のお立寄りを加えて、タイムラインを作成。

338㎞地点、北茨城市に宿を確保。往復宅急便伝票を使って事前に着替え等の荷物を送付。計画では滞在時間150分。

銚子の回転ずし、島武水産45分も入れて、Close約60分前にゴール予定。

 

f:id:nagiko_specia:20191006110149j:image

 

当日は雨も降る予報。雨具一式持参。また那須の標高を加味した最低気温12℃に対応すべく、裏起毛長袖も持参。

 

ハンドル周りにはGarmin EdgeとeTrexに加え、半ば強引にスマホを装着。

ブルマネでのタイムマネジメント、写真撮影、音楽再生に役立てるため。

 

当日は電車の始発で輪行

ブリーフィングに5分ほど遅刻、終了後に受付をしたらW2、20分遅れのスタートとなった。

 

 

ラジオ体操が流れたので地元の方と一緒になって体操。

この方々に見送られ、スタッフの方に見送られてスタート!

このブルベ、知ってる方は何名か出走されているが、今回は本当にソロ参加。

行けるところまで行ってきます。

 

 

PC1、つくば上郷までの道程は57.3㎞。都市部を抜けて行くため、渋滞や信号で速度が出ない。

我孫子を抜けた辺りから少し走りやすくなったか。

 

途中でこんなトレインに乗せてもらいながらつくばまで。

そしてふと気づく。

ん?もしやこの前の方はTwitterのフォロワーさんではないか??バイクで予想。

突然後ろからお声を掛けさせて頂きました。いやーお会いできて良かった!

 

ブルマネの結果。

ここまでのグロスも滞在時間も予定より早い。マル。

 

PC1-PC2の50㎞区間も貯金を貯める予定の区間

筑波山の脇の軽いアップダウンを潜り抜け、R50に出てひた進む。

PC1まででご一緒していた方とパックになったりもするがほぼ前を走る形に。基本追い風で助かった。

到着時貯金2.5時間。夜寝れるかも^^

 

睡眠時間確保のためにも1日目は一生懸命走る算段。

PC2でカップラーメンを啜るお昼ご飯。。。

消化にエネルギー全部持っていかれると困るので、ゼリー系も入れてみる。

 

PC2手前で、もしかして凪子さんですか?とお声掛け頂く。NOBさんだった。途中パンクしてたそう。

またPCでは、この前宇都宮のブルベ 出てませんでした?と聞かれる。なんと、渡瀬川200で日光からの山の中で一緒になった方だった。お声掛け頂くと、そういえばバイクに見覚えが…。

こうして繋がっていく輪が嬉しい。

 

この辺りまでは地元感もあったことから、私の600ブルベはここからが本番だと思っていた。ここまでは移動。

 

PC2を出た直後、栃木県への県境に向けて登りがある。

その後もダラダラ1%程の斜度で登る、PC間距離約84㎞の長丁場。

 

途中、2018年のランドネきたかんベストを着たお兄さんの背中をお借りしたり。みんなペース速いよね〜なんて会話をしてた。

ひーこらひーこら走っていると、神長トンネルの手前辺りでスノーさんに追いついた。ようやっと会えた!

 

長いトンネルだが、トンネル内の歩道は広くできていて安心。(荒ぶる写真。)

 

スノーさんたちはこの先のコンビニで休憩予定というので、私も一緒に休憩することに。熱中症サインである頭痛が出ていた。

このコンビニを出る時に、しばらく一緒に走らせて頂きたいとお願いする。

スノーさんのお連れ様、Sヤさんと初めましてのご挨拶。

凪子のブルベ仲間がまた増えた♪

 

3名で那須を目指す。

お話に夢中になると、後ろのSヤさんからもうちょっとペース上げようよ!!って忠告が入る、そんな楽しい区間

 

正面のどれかがこれから登る山かな?

 

 

田んぼが広がるライスライン。

ドンと直線なのに、これジワジワ登ってるんだぜ…(ノД`)アウッ 

 

そしてラストR400に入る。いよいよ那須感。千本末牧場の脇を通る観光地。

バスなどの大型も通るのに道が狭い。

そしてやっぱり登っている! 今度は3%位か!?

道幅的に退路がない。キツイ!と思いながらようやくPC3に到着。

 

貯金3時間!

計画比でも早めに切り抜けられた。途中1回コンビニ休憩入れているのに。良かった。

…というか、ライスライン辺りからの登り区間、15.0㎞/hで試算するのはゆっくり過ぎかな(*^∀^)

 

さて、ここからはメインの登り。那須岳、登るぞ!

このPCを出るところでスノーさんのお知り合いのOさんが加わり、4名で日没後の那須岳に挑むことに。

一人じゃなくて良かった…。ホント良かった…ヾ(≧∇≦*)〃 

登り遅くて迷惑かけたらごめんなさい先行って、ってやるしかない。行けるところまで一緒に行かせてください夜の山。

 

PCを出る頃から雨がパラついていた。レーダー見る限り、強い雨ではないが短い降雨でもなさそう…。雨具を着てからスタートするかどうか、少し考えるもまだ着ない事に。登っている途中、余りにも降ってきたら着ようかと。

登り始めの観光地で路面はウェットになるレベルに降ってきた。雨量1㎜ない程度???よくわからないけど。

雨に濡れながらも登る。

硫黄の匂いがしてきて、温泉が近いことを知る。その辺りから勾配がものすごくキツくなり…

この温泉街でゆっくりお湯に浸かって、湯上りのビール楽しんでる人たちがいるんだろうな。観光地だよ、保養地だよ!

那須まで走ってきても観光はおろか、雨に濡れてヒーヒー言いながら自転車で坂登ってる…なんでやねーーーん!

側溝の蓋から立ち上がる湯気に悪態が漏れ、、、

 

 泣きながらもフォトチェックポイント那須高原恋人の聖地到着!

 

 

貯金を1時間も使って、残2時間。計画も甘かった。

登坂遅すぎ問題。

 

 

スタッフやられているGuranさんが写真撮って下さった。

この時間にココに到達できていれば大丈夫!って言って頂いて救われた。

ここで長袖を着こみ、その上からレインウェアを着る。実は初使用。グローブも15℃対応へ変更。

 

ココからもしばらくアップダウンと知っていたのに、この区間がまた計画が甘かった!!!

全く勢いで登れるアップダウンではなく、そこからも続く山!だった!!!!!

あうあうあーー。

 

道中真っ暗、路面はガレガレ。

途中景色が開けた八幡峠では眼下に広がる夜景を楽しみ!?(…暗闇に浮かぶ墓石に見える…)

 

この八幡峠を過ぎた辺りでスノーさん、Sヤさんと別れてしまった。置いてきてしまった。

Oさんと二人でPC4を目指した。

途中あまりの闇にか眠気が来たので、携帯してきたBlack Blackタブレット休憩。Oさんにも分け、二人で辛いーーー!って叫んだ。ちょっと止まって別の事をするだけで少しスッキリする。ガムは出さなきゃいけないからタブレット食べやすい。

このガレガレのダウンヒルで結構手が痛くなっていた。ハマりたくなくても段差に嵌って振動が手に来るから。200㎞ちょっとでコレかと遠目…。

 

アップダウン区間の終了、最高地点からPC4までの経過時間は計画通り。貯金2時間。

 

夜ご飯として、とん汁に鮭おにぎりを突っ込んでオジヤのように食べた。適度に覚めるし、食べやすくてなかなか良い。

 

この先は80㎞先のいわきにチェックポイントのコンビニがある。そこまでの区間は下り基調の、暗い田舎道のはず。

Oさんに次のCPまで一緒に走ってくれないかとお願いしてみる。

彼はずっと私の後ろを走って、力強いライトで前を照らしてくれていた。登りも下りもペースを合わせてくれていた。ちょっと休憩、も付き合ってくれた。

彼も一人より良いからと、快く合意してくれて。

PCを出る前に、スノーさんとSヤさんが到着した。先に出発させてもらう。

 

雨は降っているものの、道がほぼ平坦になると今度はこの装備では暑い。このままでは夜なのに熱中症的になってしまう!?

雨の降る暗闇の中、自販機の明りの許で長袖を脱ぐ。PCで脱いでおくべきだった。

 

道中、Oさんが着ていたフォルトゥーナの反射ベストをきっかけに少しオタク話しで盛り上がる。

私もろんぐらいだぁす!のウィンドブレーカー持ってますよーとか、弱虫ペダルを好きになって自転車始めたんです‼︎ とか話しちゃう。

弱虫ペダルからはじめて、あざみライン登っちゃう⁈ ブルベ 走っちゃう⁈ なんでスペシャライズドのバイク⁈

色んな質問、きたな(笑)

彼もペダル全巻お持ちのようで、大変話が盛り上がり、楽しい道中。

彼は大洗でガンパン聖地巡礼をする予定だそう。

 

いわきまでの間、古殿のコンビニで1回休憩を計画、実行した。

道の駅でも良かったんだけど、余りの暗さにやめといた…。2人して闇が嫌だった( ̄▽ ̄)

 

ほぼ計画通りCP2いわきに到着。

 

無事に夜の闇の山場を越した。

ここからはR6、車通りも多くなるだろうし、お店も増えて明るいはず。

ここまで一緒に走ってくれたOさんには感謝しかない。ありがとうございます。

彼はいわきの健康ランド関の湯で仮眠とのことで、そこで分かれた。

私も当初関の湯での仮眠を考えていたのだけれど、

24時以降お風呂が使えないと聞いて…ボツに。

 

そこから急遽宿探しをした。が、植田駅周辺のビジネスホテルは既に満室となっており残念。白河辺りもチラッと考えたけどもう少し進んでおきたい。必死に探し当てた338㎞地点のルート上にある少し変わり種の、トレーラーホテル。

そう、トレーラーの中に泊まるのです!

 

 

ココは砂浜、海はすぐそこ、という環境。ザザーーンという波の音がずっと聞こえてた。なにこのリゾート感、一人で2.5時間滞在するにはとても勿体ない!

 

事前に相談させて頂き、ロードを中に入れるために段ボールを敷いて頂いていた。

 

ふぉおお~~、なんじゃこのリゾート感ヾ(≧∇≦*)〃 

 

興奮して探検して写真撮りまくる。

事前に送った荷物はちゃんと部屋?に届いていた。

充電周りを引っ張り出してライト類の充電開始。

湿ったウェアーを脱ぎ捨て、シャワーを浴びる。(シャワールームは虫が沢山入り込んでいて…うん…アウトドア…)

荷物の整理、ストレッチなどをしていたら睡眠時間は1時間程しか取れなかった…。

でも気持ちがリセットされた。

ウエアを脱いで締め付けから解放されてる時間が凄い幸せ。

600の続きなんだけれど、二日目のスタート感が満載!

 

 

ありがとうトレーラーホテル!

波の音に抱かれながら寝た1時間は貴重だった。

予定よりも少しオーバーとなった168分滞在でリスタートヾ(≧∇≦*)〃 

 

貯金、Close10分前にスタート。

早朝は寒いかと、半袖にレインウェアを着て、長指グローブでスタートするも、暑くてすぐに脱ぎ捨てて夏装備に。

 

あったーらしーい、あーさがきた♪

海の上に昇ってきた朝日に、本日の無事の帰宅を祈る。

 

ここからのR6の南下、アップダウンが激しく思った以上にグロスが稼げない。

そしてお腹空いた。朝ごはん食べさせろーーー!

ラーメン食べたいラーメン。こんな早朝からやってるラーメン屋なんてないか?

 

なのに過去の自分はこの区間19.5㎞/h等という高速で計算し、次のチェックポイントまで休憩なし設定! 

朝ごはん寄り道?

無理無理無理無理。

 

でも空腹感も無理で、途中コンビニにピットイン。サンドイッチとホットケーキをもぐもぐしながら進む事に。

 

この区間ではそれぞれの場所で仮眠を終えて朝モードになったランドヌールにたくさん抜かれた。

これまでの、ほとんど脚が一緒の方々、という雰囲気ではない。

焦るし自信喪失だし。

ってか、坂多すぎ‼︎

茨城の海岸線沿いも坂多かった。

遅々として進まない感と若干の眠気、それらを晴らすために、ミュージック、スタート♪

ハンドルのスマホからALFEEを流す♪

仕込んできてよかった。

 

ひたちお魚センター、那珂湊と海産処を泣く泣く素通り。良いの私は銚子で食べるの…。

 

大洗の磯前神社、海の鳥居⛩

f:id:nagiko_specia:20191006092646j:image

 

去年の潮来の伊太郎200でもここ来たよなーって懐かしむ。

 

2日目、気温はそんなに高くなくいい感じ。ただ、向かい風を感じる。予報ではこの先も向かい風、午後になると強くなる。

 

長かった1人旅、ようやく到着したCPで再びスノーさん達のお姿を見る事が出来た。もう出られる所だったけど、会えて安堵したし元気を貰った。

この区間、やはり計画より遅れて…とうとう計画時間オーバー。

 

会計済ませて補給してトイレに行ったところで気付いた。レシート貰ってない‼︎⁈

慌ててまた買い物してセーフ…危なかった。ほんとになかったよ。

 

さて次はPC、銚子に向かう。

 

鹿嶋スタジアム。

f:id:nagiko_specia:20191006092555j:image

 

風がーーキツいーーーー

気を抜くと20㎞/hを下回ってしまう。

ケイデンスが上がらない。60くらい…

シッティングを維持するのもキツくなってきていたのでダンシング(休む)を多用。

ハンドルの真ん中持つクライムポジションやら下ハンやら、もぞもぞと動く。

 

40㎞進んで私設休暇ポイント。

まぁ、順調。

アミノバイタルのBCAA入れたり、疲労回復の為にペパリーゼ入れたり。

f:id:nagiko_specia:20191006093749j:image

 

少し回復して、いざ前進。

風めーーーっ‼︎

ここで見出した必殺技、休むダンシング三三七拍子♪

ストレッチを取り入れた休むダンシングをリズミカルに♪ 三三七のタイミングで、両足交互にストレッチ。2回でワンセット、両脚しっかりストレッチ。ついでに前にも進むし一石二鳥♪

 

…気持ちにはまだ余裕があった(かも)。

 

この辺りで森のくまさんを1人でフルコーラス熱唱。最後まで歌詞バッチリ。音程には疲労が…外れまくりw

 

f:id:nagiko_specia:20191006095045j:image

 

途中の道端歩道で休憩…昨夜の雨の影響でamiraちゃん泥んこ。一緒に頑張ってる。

こんな所で止まってたら、心配してお二人の方がお声掛けくださった。

大丈夫ですかー⁈

大丈夫です‼︎ すみません、いやー…人間がダメでw 

 

ひーこらひーこら、銚子大橋に着いたぞ‼︎

f:id:nagiko_specia:20191006095426j:image
f:id:nagiko_specia:20191006095422j:image

あっ、ここは前にグループライドで来た所だ‼︎ 今日は1人だけど写真撮っちゃえー。

 

この辺りの海鮮屋さんの呼び込みに誘い込まれないようにグッと堪え、PC目指すも、、坂‼︎

デカい坂だなーとインナーに落として登り、最後またアウターにするところでチェーン落ち。

フロント内側に落ちてしまって挟まって動かない…手を真っ黒にして弄ってたら、PBPウェアの救世主お兄さんが止まってくれてアドバイスくれ、後輪を持ち上げててくれました。ありがとうございました。

 

f:id:nagiko_specia:20191006093825j:image

向かい風とチェーン落ちで少し遅れてしまった事、この先も向かい風である事、ドーバーライン含む区間を時速19㎞/hと高速ぎみで試算してた事、疲労で思うように速度が出せない事、これらの事情で回転寿司お立ち寄りを断念。

このPCで、マイスケジュールに対して貯金が出来ていると良かった。

ここでパスタを半分程補給して、出発。全部はお腹に入らなかった。

 

f:id:nagiko_specia:20191006101218j:image

犬吠埼灯台

 

島武水産をパスすると一気に貯金(計画比)が‼︎ 安心♪

 

 

新しくできたというドーバーラインの入り口は物凄い坂で思わず溜息が…。

真ん中位で降りて押したよね…。

でもこの坂の上からの景色は絶景で‼︎ 海と綺麗な地層が広がってテンションは上がりぎみ。大きな登り坂を慎重にフロント変速しながらこなして、アップダウンが終わる頃には家に帰ったらゆっくり湯船に浸かりたいなぁとマイホームに想いが行くように。

ドーバー抜ければ、後は九十九里の風を耐えれば良い。貯金は維持で行けるだろう。

 

けど、このドーバー超えて九十九里ビーチラインに入ってすぐ、路駐車を右から追い越そうとした丁度そのタイミングで運転席ドアが開いて衝突。中に人がいる事を予測させるサインはなかったし、あっと思う間もなかった。

ここで私の那須600の旅が終わってしまった。

 

けれど、色んな出会いがあった。本当に色んな方のお世話になった。

計画して実行する事により自分を知れたし、実は少しだけ自信に繋がった。

もちろんダメな面もある。

山は遅い。走力低い。体力低い。

だから計画でカバー‼︎

 

また、チャレンジ出来る日が来るといいな٩( 'ω' )و

 

にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村