凪の青い風

凪子の自転車日記

2019 夏の筑波8耐

長い梅雨がようやく明けたと思ったらいきなり灼熱の夏が始まった2019年8月10日、筑波サーキットで行われた自転車8時間耐久レースに、手賀沼自転車倶楽部チームで、4人グループで参加。

 

朝5時に駐車場待機列に集合。早い早い。

開門を並んで待ち、手賀沼自転車倶楽部4チーム分の基地を確保する。

 

これから始まる暑く長い闘いの事を思い、無事を祈りつつ、まだ静けさを保つコースを眺める。

 

基地にはチームフラッグを掲げて、士気を高めるヾ(≧∇≦*)〃 

もう既に暑い。

 

 

試走一周目は仲良く。

2周目で心拍180突破まで上げて終了。

 

 

チームメイトは4名(女性1名)。

当日のチームミーティング!?でアンカーやらせてほしいと立候補した(勇気)。これはなかなかなチャレンジ提言。

8時間もある耐久レースのラスト30分前にピットロードがクローズされ、そこからの時間はゴールまで交代することが出来ない試練。ガチなゴール争いをする人たちと走る。

疲労もピークの中チームのゴールを任される。重責。

でも。

ゴール後にある筑波8耐特有のウィニングランを走ってみたかった。

筑波8耐は3度目の参加。これまではチームのゴールをドキドキした気持ちで見守り、応援し、そしてウィニングランを迎えてきた。

アンカーに、ちょっと憧れがあった。

 

この興味と好奇心だけの走力の伴わないアンカー立候補、有難いことに希望を聞き入れて頂いた。みんな、温かい。優しい。ほんとありがとうございます。

アンカーということで走順は4番目に。

 

気温は最高で35℃付近まで上昇。

上からの直射日光、路面からの照り返し。それを巻き上げて吹く風も熱風。

そんな環境で10分も頑張り漕ぎをしたらもうほんとシンドイ…。

 

第1走は10時30分ごろスタートだった。30分交代とすると順調。だがもうほぼ最高気温。暑い。

…3周とかで帰ったら伝説を作っちゃうかしら…という思いがよぎり、なんとか踏ん張って7周。

第2走までは、キツイ、というレベルでなんとかなった。

それでも走り終わった後にはヒト型を保てないレベルになり、バイクを置くのも手伝って貰ったり、ピットの壁にもたれて座り込んでしばらく動けない感じに。

 

14時過ぎにスタートした第3走目。

この後16時30分近くまでの時間をアンカー温存の計画を立てて下さって3人で回してもらう事に。2時間を3人は結構きついはず。踏ん張って30分弱の7周廻ってバトンタッチ。

この後軽い頭痛を伴う熱中症初期症状が。。。

エアコンのある部屋に少し行ったり、食堂で少し涼ませてもらったりした。

こうなると、アンカーを務めるにとても不安が。

 

けどね、走るまでの2時間弱、3人で頑張って頂いていたおかげでかなり回復しました。感謝です。

ラストの出走時、手賀沼の他チームとほぼ交代タイミングが一緒だった。

クローズ3分前位というギリギリのタイミングにピットに帰ってきてくれて、最後私の走る時間を最短にしてくれた本当に優しさ。

先に出発するも、良い集団がなかったので少し速度を緩めて後方を待ち、ほぼ同時出発だったはずのトコーさんを狙い定めて後ろにインヾ(≧∇≦*)〃 

 

 

 

同じチームというか、同じジャージを着た方に牽いてもらうの、大所帯の醍醐味、初めての体験。

勝つために、とは少し違って、協調? いやいや…、

圧倒的に守ってもらったm(__)m 

トコーさんとは、先頭を回せなかったのが悔しい点。

でも、仲間って良いなぁ(*´д`*)アハァ

 

また、走っている姿を撮って頂けるのも、手賀沼チームで走らせて頂いているお陰様。

こんなカッコいい写真も撮って頂いていた(///oo///)ゞテレテレ自画自賛

 (amiraちゃんかっこ可愛い)

 レアな下ハン握ってる写真(( ゚◇゚) !

 

実は下ハンは、まだ集団の中では自信がない。

この写真からも見て取れるようにブレーキに手が掛かっていない。

長いストレート、前に障害物がない時専用…。

 

最終走行時、これまで元気だった太陽は少しだけ雲に隠れてくれて、暑さがそこまでではなかったことには本当に感謝。

ホームストレート通過時は沢山の声援を頂き、私向けでないものも勝手に私向けと解釈して良い気持ちに(*^∀^)。ありがとうございます。

ブルーフラッグが降られている間にゴールゲートを通過でき、そこから少し速度を緩めての周回、もう1チームの手賀沼の選手H口さんが抜いて行こうとするのを呼び止め、手賀沼3人でゴールすることに。

最後ゴールスプリントするとかしないとか言っていたから、えーーーと交わしておきながらも、もうゴールラインすぐそこというところでアタックかけたところ、、、あっという間に抜かれましたε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

そんなのも、楽しい思い出。

並んで(ないけど)無事チェッカーフラッグを受けられたのは、本当に良かった。

 

念願の、ウイニングラン

感動(*´д`*)アハァ

 

ゴール後は、コース上で集合写真撮影を待っていてくれるチーム。

自転車も入れて頂けて、なんか一丁前にゴール獲ったアンカー風を演じさせて頂きました。

今こうして振り返って文字に起こしていても、感動で泣けるわ(ノД`)アウッ 

 

 

私、ココに居れて良かった。

自転車乗っててどんどん繋がって行けるの、とってもありがたいご縁。

そんなことを感じる8耐だった。幸せみ。

 

皆さん、ありがとうございました。

取りまとめしてくれた方、エントリーしてくれた方、一緒に走ってくれた手賀沼チームメンバー、アンカーにしてくれた私のチームメンバー、車運転してくれた方、写真撮ってくれた方。テントやテーブル、椅子を持ってきてくれた方。梅干しとか差入れ持ってきてくれた方。

色んな方、全員の協力があって出来た経験でした。

 

帰り路、行ける人は行こうと設定されていたラーメン屋さん。

実に20名が集まり、お酒のない宴会風に! 

角煮味噌ラーメン、塩分もタンパクも補充です。私含めてみんな、食欲残っていて良かった。