凪の青い風

凪子の自転車日記

グランフォンドつくば2019(セルフ)

2019年5月26日、年1回開催の凪子プレゼンツ グランフォンドつくば2019開催しました(注:ただのグループライド)。

 

GFつくば、2017に呼んでいただいたのがきっかけ。

同じルートをまた走りたいと思って、メンバーを集めた2018。

今回はメンバーほぼ同じ、コースを少し変えて実施。

 

こちらがGFつくば2018の様子。

 

2018はメンバーのほとんどがGFNY ジャージでの参加。

何かというとGran Fond New Yorkというイベントの公式ジャージ。

この頃はなんか筑波山にいる河童教の教祖様が認めた筑波を登る山民に配布する「許可証」的なものだと思っていた。(いや今でも思っている)(すみません私の個人的主観です)。

だがしかし。

教祖様と数度ライドを共にするも、頂ける様子が…ない!?🥺

 

その後。まだまだ畏れ多く、着る資格など自分にはないのだ…と悶々とする時期を超えると、、、

なんと、自分で公式ガイツーでポチって入手してしまった😂

そして揃えたもんだから皆一緒に走ってくれ!と2019を招集‼︎ 積極的☺️

晴れてGFNYジャージでのグループライド達成。総勢7名。

圧巻! そして達成感! 色んなバージョンがあるのがまたジワる。

 左から、akioさん、せくたむさん、sato-banさん、arajinさん、私、べんちゃん、ろひもさん。

 

みんな、バンザイだー‼︎ って声かけたものの、なんか河童の神さま降臨の儀式感ある写真に😅

 

 全員揃っている写真、撮ってくれるようお願いして下さる方が居たから残った1枚。

そのカメラマン自身せくたむ氏が取ったこっちの写真もお気に入り。カメラの、角度がまた良いんだよなぁ。

ポーズ的にも背中に味わいがあるし、景色が広い。

登って、良かったなぁって凄く思う。

 

 

前置きが長くなりましたが、ざっくりルート。

平沢駐車場8時スタート – 不動峠↑ – 風返峠↑ – つつじヶ丘↑ – 湯袋峠石岡側↓ - 東筑ユートピア↑ – 上曽峠↑ – きのこ山パラグライダー場↑ – 上曽真壁側↓ – りんりんロード - 四川厨房ふう – 湯袋峠真壁側↑ - 風返峠↑ - つつじヶ丘↑ - 風返峠↓ - 不動峠↓ - 平沢駐車場 16時30分ゴール

 

 

 

当日は予報通り最高気温33℃程の夏日。

いきなり暑くなってきたので体はまだ順応していない。無理せずに行こうと誓ってのスタート。結果、目標である2,000mUPは出来なかった。

 

スタート直後は私が先頭を走り、集団をコントロールする形に(遅いやつで蓋、ともいう)。

けどちょっとしたアクシデントで先頭を退いたが最後、抑えられていた猛者どもが意気揚々と飛出し、あっという間に視界から消えていった。そんな不動峠

ここを最後まで一緒に登ってくれたのはベンちゃんだったか。

 河童教の教祖と愉快な仲間たち😌

まだまだ余裕そう。

 

リスタートを切って筑波スカイラインに出るとアップダウン区間

私は下りの勢いで次の登りを登れるところまで登りたい派なので、バビュンと下らせていただく。(まだ元気だったなぁと遠い目)

 

風返峠でも少し休憩してから、つつじヶ丘のアイスに向けてGo!

めっちゃ良い写真! 

 

つつじヶ丘到着したら、茨城いちご&生乳ミックス ソフトクリーム😋

 暑い中登ってきたご褒美ですよ、シャーベットっぽくてうんまい。

そして、青い空が眩しい。快晴過ぎる。

 

本日の目的の一つ、ガマ様の前でGFNY集合写真、達成。

f:id:nagiko_specia:20190529084806j:image

 

そして二度と登りたくないと思いはしたものの、なんだかんだ毎年登っている東筑ユートピアへの坂。

STRAVAセグメント「西光院Climb 3.9km 8.1%」。

これ、ユートピア過ぎて斜度緩くなった先も含んでるから。ユートピアまでは平均10%あるんじゃないかな…。

良い練習坂です。(ひどい)

それでもarajinさんに「エベレスティング」とは、を教えていただきながらなんとか登る。

 

そして上曽峠からきのこ山へ。

こういう写真ほんと好き。ありがとうございます。

 

北筑波稜線林道、きのこ山パラグライダー場は筑波山連の中でのトップクラスの絶景ポイント。

 

予定ではもう少し奥まで進んで一本杉峠で折返し、としていたが、この気温、現在時刻、ランチの予約を考えると、

ここで少しゆっくり休憩してから下りましょう、という決断をした。それで2,000mUPに欠ける。

 

ユートピア辺りからとにかくベンちゃんが元気で。

土地勘が今回の参加者の中で一番少なそうなのにピューっと登って行っちゃうから、その後をakio氏が追いかけてくれて先頭コントロール

というか、迷子防止とかいつもの登り後の集合ポイント的なところでの待機を促したりとかしてくれてるんじゃないかな。

頼りない主催をサポートしてくださる筑波の民。ありがたいです。

 

きのこ山までの登坂・休憩でボトルが空になった方が複数発生。

自販機の存在をakio氏、Sato-ban氏に問う私(この日二度目)。

 

ボトル補給を済ませて、一路りんりんロードにて本日のランチ処、「四川厨房ふう」さんへ。

 

この平坦区間で私、死にました…。すごくゆっくり行ったんだけど、10㎞位かな…頭痛が始まり脱水のサイン。。

風が二層に別れているのを感じる。路面近くの熱を吹き上げる熱風と、気温30℃オーバーの普通に暑い風。路面が、暑い。

 

りんりんロード終わりには、道に詳しいsato-banさんに先頭をお任せ。なんとかついて行く。

ようやくふうさんに到着するも、頭痛やまず、呼吸荒く。

ちょっとやっちまった感でDNFがチラついた。

 

お店の扉を潜らせて頂いたその瞬間に来たひんやりとした空気のありがたさよ!

お手洗いでハンカチタオルを濡らさせて頂き、体冷却。

サービスで出して頂いた塩タブレットをお食事前に頂き、お水も3杯ほど軽く飲み干した頃にようやく、食欲的なものがやってきた。

そこで汁無し担担麺をオーダー。

こちらを美味しく頂き、結構復活(笑)

結構、現金(‘・ω・´)シャキーン  

続投します!

 

ふうさん。

ご夫婦でブルベを走られている筑波山西側の四川料理屋さん。

 

http://sichuankitchenfuu.a.la9.jp/

 

4月のランドネきたかんでは上曽峠手前のPCコンビニに深夜にも関わらず応援に来てくださっていたという、とても人情味あふれるランドルール(ズ)。私の到着、深夜1時近かったのにまさか待っていて下さるなんて。

予約時間がランチタイムのラストオーダーギリギリだったこともあり、食後には少しマスターとお話しすることが適いました。

そしてなんとありがたくもお写真を撮って下さるとのご進言!

 

どーーーーん!

 みんなカッコいい😍

 

ふうさん、美味しいご飯と、楽しいお話、ありがとうございました!

ブルベで繋げる輪、素敵ですね。

 

昼食後はすぐ最寄りのコンビニで山に入る前の補給休憩。

日焼け止め塗ったりBCAA飲んだりして外で待っていようかと思ったがあまりの暑さに中に避難。

とても日当たりのよいコンビニだった…。

 

そして湯袋峠入口まで一般道で戻る。

登山口が近い表筑波神社側から登ろうか、白滝林道から登ろうかと案がでるも、

斜度のキツイ日向だったり、雨による路面の荒れを懸念し、やっぱり当初の計画通り湯袋へ。

少し長い、10km位?の平坦区間

緑のおじさんたち6名を率いる凪子トレインが結成された。

私が一番前ですか!?と思いつつも主催者の定め、苦手な長めの坂を2つほどを乗り越えてまずまず頑張った😌

 

湯袋峠入口に到着するときに、sato-banさんが両足が攣ったからとDNF。

凪子トレイン、頑張り過ぎたかー😭

 

湯袋登りに入ってからは、私の好きルート。脇に水が流れる音がする山道。

涼しげで、マイナスイオン浴びてる気がする😌

けどね、皆ね、私をぶち抜いて行って先行ってますからね…水の流れに元気貰って登りますよっと。

湯袋峠に登りきった時には結構な疲労が。

なのにakio氏が今にも出発したい様子。

「この後ツツジ登ったら、不動降りていいんだよね!?」と聞かれてYesと答えると、颯爽と風返峠目がけて登って行った…

え、、っと、私はもうちょっと休ませてwww

 

なんだあの、先に下る気満々の確認!?と思うも、DNFしたsato-banさんが平沢駐車場で待ってるかもしれないから?と、どなたかのナイスポイントな発言が。それだ💡

 

そこから登る坂道はとても急に見えて。

これからここを登るのかと、絶望的な気分に。

 でもね、先に進みますよ。淡々と。不思議なもので走り出すと視覚で感じたほどでもない感じで進める。

どこからか、せくたむ氏が私の後ろでペースを合わせてくれて、お話しながら登れた(しんがり)。

 

風返しで待っていてくれた方々。

日陰で横になっているろひも氏には「待ちくたびれて寝ちゃったよ…」と言われる。くっそ🙄

あと少しなので、つつじヶ丘まで向けて出発してしまいますよー!

くっそなので、あまり休憩体制でなかったせくたむ氏を促し、先に上をめざします。

脳内、「あいす!アイス!♪」コール。

 

まだ10%ほどはある斜度区間で、颯爽とarajinさんに抜かれます。やっぱりパワーあります。34Tでキコキコ系ではない…。15%超えたときの保険なのか…🤔 さては富士あざみラインでも登るつもり…

でも、頑張れ頑張れって声かけてくれたの。めっちゃ嬉しかった☺️

 

そしてやっと! 念願の本日二度目のつつじヶ丘アイス。

筑波山麓みかんソフトにしました。

 

なんか、私、こんなに甘いもの好んで食べる人じゃなかったはずだよなぁと思いながら食べつつしみじみしてたら、意識が遠くへ…。

寝れる!😪

 

つつじヶ丘まで上る途中、akio氏とすれ違いました。

余裕で手を振ってました。ダウンヒルなのに凄い。

 

ツツジからは一気に平沢まで下って、やっぱり待っていてくれたsato-ban氏、先に下っていたakio氏と共に既に帰り支度をして車に自転車積んでた状態でしたが、鬼主催が「平沢遺跡で写真撮りますよ」と告げて車から自転車を再び降ろしたり前輪くっ付けたり…(すんません…)

 

んで、この日最後の、どーーーーーん!

 

ありがとうございました!

ジャージ姿の集合写真も良いか自転車も良い。

こうしてGFつくば2019も終了。

お揃いジャージでとても仲間感アップ。

こうして集まってくれて、なんだかとても幸せです🙇‍♀️

 

皆さん、ありがとうございました。

 

GFつくば2020もまた開催できると良いなぁと思ったりしてる。

へっぽこで適当で、案内どころかヒーヒー着いて行くだけで精一杯の主催だけど、たぶん一年経ってもその辺りは変わらないけど、またみんなでワイワイ登りたい。

みんな速いけど、それなりに大変な思いして登ってることを知ったのが今回の収穫。

余裕なのかと思ってたよ。

キツいのは、私だけじゃ、ない😁

 

 

エピローグ的ななにか。

実はスタート前、教祖様よりジャージプレゼンツのご案内があったんです。

残念ながらサイズが違ったので辞退しましたが、これで晴れて着用許可が!!!

これまでのこっそり勝手に着ていた感からの脱出。やったね。